勝手に娘。小説を楽しもう!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気兵器
2009年12月29日 (火) | 編集 |
突然ですが、読めなかった過去の企画を読んで感想を書こうと思います。今回は第25回オムニバス短編集『水』です。それで、そうそう、twitterを始めてみました。長続きするかどうかはわかりませんがw ただ、感想にならないような、個人的なしおりのようなものとして活用していこうかなと思ってます。


あの山に登ろう

人物が突然現れ、突然消えるという展開が、文章という表現方法と合っていたように感じました。もしかしたら映像で再現しても、シュールな味わいがあるかもしれませんが、内面の描写がしがたい分、ただのわけのわからないものになってしまうような気がします。そういった、ちょっと現実から剥離した感覚を楽しみました。「荷物」「水」など、文中にいくつもの比喩が施されていますが、大元となるこのイマジネーションこそが、発想としてもっとも素晴らしかったのではないでしょうか。


小説、マイスタイル

正直な話、隙だらけな作品に感じました。ですけど、最後の最後でメタ小説であったことがわかると、不思議な現象が生じます。すなわち、どこまで本気でやっているのかわからないのですw 意外と上手に煙に巻かれたような気がします。これはこれで、作者さんの他の作品が気になるものなんですねw いつものように作者さんが誰なのかを見ずに感想を書いているので、カムアウ楽しみです。してくれているといいんだけど。ちょっと危なそうw


水星と太陽

とても上手だし、おもしろかったです。情報の出し入れのタイミングがバッチリで、タイトルにもあるアイテムがずっと主軸にあって、読んでよかったなと思えました。ただ、もしかしたら、優勝は難しいかもしれません。男性がメインで優勝したケースをしりませんし、「これって、娘。小説?」って疑問がでるでしょうから(本当は娘。さんじゃなくて、Berryz工房の徳永さんですが)。ですけど、自分はあんまりそういう面を重視してないので、そして、徳永さんがイメージできたので、文句なしでした。やっぱり飼育っておもしろい話を書く人がたくさんいますよね。
スポンサーサイト
ほんとうはたぶん
2009年12月27日 (日) | 編集 |
今は飼育が閉鎖騒動からなんとか抜け出したところなので、顎さんの負担を考えて実現するかは微妙ですが、企画案が提出されました。


750 :名無飼育さん :2009/12/27(日) 11:09
10周年企画やろう
1 オムニバス過去25回のお題どれかを使う企画
2 オムニバス歴代優勝者限定参加のチャンピオンシップ



十周年ということで、過去の総決算みたいなものを望まれているようですね。ただ、1はともかく、2はどのくらいの人が飼育にいるのか不明ですw 「優勝者限定」というかんむりから、有権者の参加のしにくさも課題かもしれませんね。まあ、自分には参加資格すらないわけですがw それはともかくとして、どちらを読みたいかといえば、何の迷いもなく2のほうです。今はちょうど企画を読みたい気分なので、なんにせよ開催してくれればいいなあ。まあ、どう転ぶかは、いつものことながら不明ですが。

それと、飼育wikiをいじってはいけないと知ってましたが、どうなるんだろうと思ってやってみました。他人のところでやってはアレなので、自分の項目の、リンク切れしてるところを現在のURLにしてみようと。……そういうわけで今、自分の項目がありません。ちょっと笑いました。くれぐれも気をつけてください。というか、誰もやらないことはわかってます。
うれしい予感
2009年12月26日 (土) | 編集 |
娘。小説のサイトを探すとき、キーワードみたいなものがあります。もちろん、あんまり時代に流されないものもありますが、時事のワードだと、きちんとアンテナをはってるサイトを見つけやすいです。自分が考える今のキーワードは、ずばり「エスパー舞美」です。いろんなところで感想や、追っているスレとして名前が挙がっているのを目にすることができます。そういうところでは、他の作品のことも語っていたりしてくれるものなので、とてもステキな時間を過ごせることと思います。

というわけで、『人生9回裏逆転負け』さんをリンクに追加しました。あみどさんが語っていたりと、他にも紹介したりリンクしたいブログがあります。でも、もしかしたら望んでいる方向が違いそうなところもあるので、このへんにしておきます。

それにしても。ブログを動かさなかったおまえが言うなという話ですが、もしかしたら飼育には人がいなくなってしまったんじゃないかと、なんだか悲しくなるときがあります。だけど、こうやって検索してみると未知のすばらしいサイトにぶつかったりして、そんなことないんじゃないのって思えますね。きっと、作品さえおもしろいものがあれば、娘。ヲタの需要がなくならない気がします。そういうわけで、語れることがあれば、また語っていきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。