勝手に娘。小説を楽しもう!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Line of action
2010年12月13日 (月) | 編集 |
作品数が増えてきましたね。レス数からして、力のこもった作品が投稿されてきた模様。本当かどうかは知りません。このブログは基本的に直書きスタイルなので、現時点でまだ作品を読んでいないのでw そんな状態でうだうだ語っても仕方がないので、さくっと読みながら感想を書きます。そしてあとからちょこちょこ直しますw では最高だと思える作品に出会えることを期待しながら。


その瞬間のために

現在のガッタスの状況に詳しくないため、おそるおそる読みました。これが現在の話なのか、過去なのか、はたまた作者さんが理想とする未来なのか、読者として立ち位置を見落とさないように。そんなふうに読み進めると、判断に苦しむものにぶつかりました。それは、文章の大仰さ。これがわざとなのか、それともかっこつけようとしてなったものなのか。でも本当は、すぐわかっていたような気がします。描写の正確さというか、何がどうなっているのかはっきりわかる簡潔な記述。これって間違いなく文章のうまさです。どうやらミステリ要素を含んだ物語であるから、その雰囲気をかもしだすための記号なのだなと、うすうす理解していました。だから、かっこつけの大仰さなのか疑りながらではなく、その尻尾をつかんでやろう、わざとやっているんだと確信してみせようと物語を追っていた気がします。知らず知らずのうちに、そんな信頼感を抱かせる文章と内容でした。やっぱりそうか、と感じたのは、「問う」「答える」の連続のシーンですね。主体が吉澤さんに移ったにもかかわらず、一貫した客観姿勢。それどころか、「そもさん」「せっぱ」の雰囲気がただよい始めますw そこから導き出される推理自体は本当にそれでいいの? と感じる部分もありましたが、自分そういうの結構無視できますw そんなところのおもしろさを求めて娘。小説読んでるわけじゃありませんからね。その無理やり感もなにもかも、独特な感じがして心から楽しめました。おもしろかったです。


2010年問題

未来の自分が来たというのに、なんとなく受け入れているという不条理w その不条理がなんとなく落ち着いてしまうのが村田さんのキャラクターのなせるわざですよね。途中の10年後の未来がどうなっているかを尋ねる場面なんかは、狼のスレを彷彿させました。もちろんパクリだとか言いたいわけではありません。10年まえの自分に言っても信じないようなことが起こってるよねというおかしみを感じる、という点においてです。それにしても、現実もそうですけど、この作品のなかの村田さん魅力的ですねえ。なんといってもおっとりしているところが美点でありながら、でもそれだけじゃない。最後にメロン記念日のことを言い残す。これがその当時も今も、村田さんの一番大切なものだったのだなあという熱みたいなものを感じます。そして、それが解散してしまっているだけに、せつない気持ちになるのです。だけど最後までおっとりしたところを失わないというこのバランス感覚。この作者さんは、村田さんのことが好きです。大好きです。そう断定できる愛ある目線で描かれています。こういう作品を読むと、こっちまで村田さんを好きになれますよね。もともと好きですけど、さらにもっと。


とりあえず、今日はここまで。現時点であと2作品が投稿されているんですが、この2作がレス数が多く、力作のようです。企画自体久しぶりなので、ちょっとわくわく。
スポンサーサイト
Live like forever
2010年12月11日 (土) | 編集 |
たいふうたいむ

自分の読んだ作品の幅が狭いのかもしれませんが、設定がめずらしく感じました。娘。小説で学園ものといえば、大抵は高校までというイメージなのでした。それが大学だというだけで、ちょっとわくわくします。そんな期待感をもって読み進めていて、登場人物の名前がでてきたときには「やったー!」と思いましたよw まだ初期メンを好きな人が飼育にいるんだあと。企画って、こうやっていろんな時期の娘。さんが好きな人が集まる感じも魅力ですよね。最近忘れてた感覚でした。忘れてた感覚といえば、どうせアンリアルなんだから、同じ年齢で、しかもまだ大学生でいいやーって人間なので気にならなかったのですが、中澤さんがきっちり社会人入学w この、涙をきんじえない感覚もなつかしかったです。そこから展開する、作者さんが登場してしまうメタも正直、嫌いじゃありません。言ってることがおもしろかったです。それになにより作者さんが心から楽しんで書いてるんだってことが伝わってきて、一緒に楽しくなっちゃいました。なんか、あの感覚に似てますね。一時期ブログとかテキサイなどではやった、AAに会話させるもの。簡単にいえばAAに言ってほしいことを言わせて、中の人がはあはあするという構図です。気持ち悪いという意見も多い手法でしたが、自分はけっこう好きでしたw もうちょっと作者の姿が隠れてますけど、言ってみれば娘。小説もそういうものですよね。そういう「好き」が前面にでた作品に好印象をもたないわけがありません。あまりにもあっさりした終わりかたなど、欠点のある作品ではあります。だけど、それをふくめて愛おしい作品だなあという感想をもちました。
Life has come
2010年12月06日 (月) | 編集 |
企画名:第28回オムニバス短編集
必要なスレッド数:50
最大記事数:40
最大容量:40kb
企画主旨:テーマは「時間」です。
申請期間: 12月4日(土)0:00~12月19日(日)23:59 (16日間)
投票期間: 12月20日(月)0:00~12月26日 (日)23:59 (7日間)

ルール:複数投稿あり(但し2作まで)
投票は各作品に0~3点を振ることができます。
その他は自由です。好きなように書いてください



というわけで、企画がもう始まっています。人生がもう始まってるように。自分用のメモとして残しておきます。作品が投稿される会場がここで、感想の投稿がここ。今回のスタンスとして、好きだったものに感想を書いていこうと思っています。現時点で投稿が終わっている作品はひとつなのですが、感想書くのは難しいなあと感じたので。思ったことがなかったかというと違います。ちょっとなつかしかったですw エロ火さんが使用上の注意のときに投稿されたやつだ! と反射的に脳が答えを導き出しました。やっぱり、あのへんの企画に関しては記憶力いいなあ。まあ、狙い撃ちされたわけではないんでしょうが、あの回を知ってる人に対するメッセージのように感じました。なつかしいでしょ、って。ええ、なつかしかったですし、やっぱりエロ火さんのアイデアはおもしろかったなあって再確認しました。って、これ、感想にしちゃえばよかったですねw ということで、今回の企画が盛り上がってくれるといいなあ。

P.S 坊主さんbotのためになり度が、坊主さんをはるかに超えてしまっています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。