勝手に娘。小説を楽しもう!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキラッチ
2011年03月25日 (金) | 編集 |
誉ヲタさんが同企画の感想を書き始めてくれています。まえにもどなたかに言われましたが、結構自分と誉さんは好みが似ている部分があって、興味深いです。とりあえず、自分の感想は今日でおしまいまで行きます。すごい勢いで追い抜かれそうなのでw 誉さんはひとつひとつに感想をつけてくださってるのに。自分は限られたものだけなのに。三ヶ月もまえに始めたのに。ゴール一歩手前で突然勝手に競争を始める子供のような気分です。この比喩、出来が悪い。


10分

おもしろかったです。しかしながら、非常に感想が書きづらいw なので、おもしろかったおもしろくなかったとは別のところで感想を飛ばしたい作品ですw もう、印象としてはマンネリとも違う感じ。不思議な安心感があります。その時間にテレビをつけられることがあったら、他の選択肢は念頭になく笑っていいともにチャンネルを合わせるような。「おっ、この時間か」ってなもんです。やってることは毎回同じといえば同じなのですが、なくなったら喪失感が大きいでしょうね。もうそんな領域に達しているように思います。継続というのは、本当に力ですよね。でもそれだけに何回感想を書いてきたかわからないので、新たに書くのは難しいのです。ウキウキウォッチングでした。


時間さえも知らないこと

たくさんのイメージで塗られていて、色々なことを考えさせられました。心に残る思い出というのは大抵の場合、そこにいるのは自分一人じゃありません。そうである以上、それを変えられたとして、変えることはその相手や関係性を否定してしまうものなのかもしれません。だとすれば、人が変えたいと思うことなんて、本当に大切なことではないのかもしれません。まあ、その人が亡くなったとか二度と会えない状況にあったとすれば、それはそれで違ってくるのかもしれませんが。それでもそこを変えてしまったら、それはニセモノなんですよね。そういうお話だと解釈しました。自分の望むままの行動をとる相手は、もはや違う人だ、と。そういう意味で、最後に道重さんの予想を超えた失くしものをする亀井さんは、きらりと光っていました。



というわけで、ようやく前回の企画の感想が終わりました。これからカムアウトや感想を読みあさるの旅に出ます。読んでいて、無意識に作者さんを予想してしまうことがあるのですが、その結果として一番の歓びはそれが「ハズレること」だったりします。よくハズすので、今回はどんなハズレかたをしているのか楽しみですw ああ、無事に感想書き終えてよかったあ。
スポンサーサイト
ストレッチ
2011年03月22日 (火) | 編集 |
ライフ・イズ・ビューティフル

忘れていたわけじゃないですけど、そういえば亀井さんの卒業時期でしたね。2010年現在、みたいになっていることにも衝撃を受けましたw 今年始まって結構経ちますよねw 内容は王道ともいえる娘。小説。娘。さんが卒業するとき、どなたかがこういうの書いてくれるよね、というものでした。それは王道である反面、斬新さからは遠いところにあります。だから自分が受けたこの印象はきっと、斬新さではなく新鮮さなのだと思います。やりたいことを全部やり尽くしてやる、という勢いを感じました。たとえば村上ショージさん周辺なんか、この物語を書こうと思ったときに不要なんですよね。それを何故やったかというと、きっと答えはこうだと思います。そのほうが楽しいから。そう、この作者さん、絶対に楽しんで書いてます。終盤まで力を抜かずに書ききっていることからもそれはうかがえます。このかたは文章が決して下手ではなかったので、初めて書かれたわけではないと思います。けれど、初めて書いたような、楽しくて仕方ない様子が文章の端々から感じられました。そういう娘。小説を読むのは久しぶりでした。心地のいい時間でした。新鮮に感じたものの正体は、きっとそれだったのだと思います。


夢オチまでの素敵な時間

何これズルいって思いましたw 全然わけわかんないのに、顔のにやにやが止まらなくて。魅力的な文章と自分はよく言ったりもしますが、その言葉は実に曖昧で、これまでにもいろんなタイプの好きでしょうがない文章に出会ってきました。そのたびに胸をドキドキさせながら、もうこれ以上ないだろうなんて考えていたりします。でもあったんですね、こんな書き方が。ドキワクが止まりません。もうこれ以上ないだろうと思うのと同じ理由で、自分のなかには決してないものだからです。だから毎回、不意打ちのように感じるのです。なので冷静でいられないので、見当ハズレだったらごめんなさい。実は自分は岡井さんのことをあまりよく知りません。まだ愛理さんのことのほうがわかるのですが、なので愛理さんを中心に語ることになってしますのですが、とにかくかわいらしい。岡井さんの目を通して描写されるところが、もう、愛理さんのかわいらしさを引き出してやまないんですよねw すみません、なんか気持ち悪くて。ただ、その描写って、本当は読者が知ってたものではないんです。作者さんが灯りを高く掲げて見せてくれたおかげで、「そうそう、そうなんだよね」となるのです。その灯りの掲げかたも見事で、それがいわゆる魅力的な文章という部分なのですが、丁寧語、口語が織り交ざり、しかもくり返してリズムも楽しかったり。なのに、きっとさらっと書いたんだろうなということが想像できたりw そう、何これズルい、なのです。はじめはタイトルまで気がいってなかったこともあって、ことさら物語世界のわけがわからないのにおもしろくてくやしかったのですが、そういうことなんですね。まだカムアウト見てないのですが、これ絶対有名作者さん。
Lime tastes of rhyme
2011年03月21日 (月) | 編集 |
初恋

実はこの作品、企画開催時に読んでいました。そのときの印象は、「大好き」。それも特別な感じで。もしかしたらこの企画で、これ以上好きな作品には出会えないかもしれないと予感するほどに。今、数ヶ月ぶりに読み返して思ったのは、やっぱり大好き。それも特別な感じで。もしかしたらこの企画で、これ以上好きな作品には出会えないかもしれないと予感するほどに。どうしてこんなに平易な文章で人の胸を刺激できるのでしょうか。一人称のだいぶ崩した文章なのに。なんかこのバランス感覚はクセになります。バランス感覚。一見感情をぶち撒けた文章のようでありながら、決してそうではありません。感情のままに書くと少しポエム的になるというか、比喩が混み入ったり、一文が長くなったりするんですよね。それを意識して抑えてる。なのに、抑制された言葉を選ばない。間接的に表現するのではなく、感情はあくまで直接的。この不思議なバランス感覚です。それが好きで好きでたまりません。どうしてこんなふうに書けるんだろう。こんなにスマートに、こんなにかわいらしく。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。