勝手に娘。小説を楽しもう!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキラッチ
2011年03月25日 (金) | 編集 |
誉ヲタさんが同企画の感想を書き始めてくれています。まえにもどなたかに言われましたが、結構自分と誉さんは好みが似ている部分があって、興味深いです。とりあえず、自分の感想は今日でおしまいまで行きます。すごい勢いで追い抜かれそうなのでw 誉さんはひとつひとつに感想をつけてくださってるのに。自分は限られたものだけなのに。三ヶ月もまえに始めたのに。ゴール一歩手前で突然勝手に競争を始める子供のような気分です。この比喩、出来が悪い。


10分

おもしろかったです。しかしながら、非常に感想が書きづらいw なので、おもしろかったおもしろくなかったとは別のところで感想を飛ばしたい作品ですw もう、印象としてはマンネリとも違う感じ。不思議な安心感があります。その時間にテレビをつけられることがあったら、他の選択肢は念頭になく笑っていいともにチャンネルを合わせるような。「おっ、この時間か」ってなもんです。やってることは毎回同じといえば同じなのですが、なくなったら喪失感が大きいでしょうね。もうそんな領域に達しているように思います。継続というのは、本当に力ですよね。でもそれだけに何回感想を書いてきたかわからないので、新たに書くのは難しいのです。ウキウキウォッチングでした。


時間さえも知らないこと

たくさんのイメージで塗られていて、色々なことを考えさせられました。心に残る思い出というのは大抵の場合、そこにいるのは自分一人じゃありません。そうである以上、それを変えられたとして、変えることはその相手や関係性を否定してしまうものなのかもしれません。だとすれば、人が変えたいと思うことなんて、本当に大切なことではないのかもしれません。まあ、その人が亡くなったとか二度と会えない状況にあったとすれば、それはそれで違ってくるのかもしれませんが。それでもそこを変えてしまったら、それはニセモノなんですよね。そういうお話だと解釈しました。自分の望むままの行動をとる相手は、もはや違う人だ、と。そういう意味で、最後に道重さんの予想を超えた失くしものをする亀井さんは、きらりと光っていました。



というわけで、ようやく前回の企画の感想が終わりました。これからカムアウトや感想を読みあさるの旅に出ます。読んでいて、無意識に作者さんを予想してしまうことがあるのですが、その結果として一番の歓びはそれが「ハズレること」だったりします。よくハズすので、今回はどんなハズレかたをしているのか楽しみですw ああ、無事に感想書き終えてよかったあ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。