勝手に娘。小説を楽しもう!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何だろう、これ
2007年10月15日 (月) | 編集 |
そういうわけで『しゅごキャラ!』を二週連続で観たのですが、時々感動しそうになって困りますw でも、物語そのものにじゃなかったりするんですよね。「ネガティブハートをオープンハートに!」なんて言われてワクッとしてるんではないのです。ちゃんと娘。小説に関係があるのです。

それは、「なりたい自分になる」というテーマ。これだけでわかる人がいたら握手したいです。そうです。『天使たちが荒野を往く』です。あの話が自分的に泣けて泣けて仕方なかったのですが、そのスイッチを入れられてしまいますw 捩じ曲げられてきた人生を取り戻すための戦いの最中、吉澤さんはその言葉を口にします。それは石川さんからもらった言葉でした。そして、二人が最後に交わした会話です。ううう。

本当、『天使たちが荒野を往く』については語りたいことが山ほどあります。でもそれって初めてブログもったときから言ってることなので、たぶんこのまま言い尽くさずにいるんだろうなという気もしています。名言や名シーンのオンパレードですよ、あの小説は。
コメント
この記事へのコメント
私も「天使たち~」好きでした。
これってエロテキストサイトにあったんですよね。
そこで松たか子のエロ小説を読んだことを覚えています。
作者のふるるさん主催のチャットに入ったこともありました。
ふるるさんが好きな作品で「エスパ~」をあげてたのでうれしくなって乱入したんですが緊張してしまって「こんばんは」しか言えずに出てしまいました。
今なら「好き」と言えるんですけどね。
「愛理ちゃん愛理ちゃん」とか。
2007/10/16(火) 05:24:47 | URL | tmk #np9AGmVA[ 編集]
自分が最初に読んだのはふるるさんのサイトにあった改定版でした。あとからそっちも読みましたが、改定版のほうが断然よかったですよ! そのチャットのログとか、今あったらお宝ですねw そして、自分が『エスパー真希』を読んだのもふるるさんが好きだって言ってたからだって思い出しました。『エスパー真希』を映画化するなら北野武監督にしてほしいって言われてましたよね、ふるるさん。確か。
2007/10/16(火) 21:37:20 | URL | x1bgusra #tHX44QXM[ 編集]
すごいですね。よく覚えてますね。
観覧車のシーンはデ・パルマに、とも言われてたと思います。
そんなふるるさんのサイト(musume-styleでしたっけ?)がなくなったときは淋しかったです。
「over」というのは完結編のタイトルでしょうか。メールを送れば読めたという。
当時は読んだらがっかりするんじゃないかと思ってメールしなかったんですよね。
石川が振り返ったとこで切れる浜辺のラストシーンが好きだったので。
今ならメール100通くらい送るんですけど。
ところで「天使たち~」また読もうと思って探したんですけど、どこにもないですね。
「娘。小説への招待」にありましたけど。
2007/10/19(金) 04:01:32 | URL | tmk #np9AGmVA[ 編集]
あの、映画化するなら監督はって話、すごく面白かったんで印象に残ってます。サイトなくなったのは本当に残念でしたね。本当に。『over』はそれです。自分の場合、サイトがなくなって半分諦めていたんですけど、偶然に拾うことができました。ハートは弾力のある筋肉です。ラストシーンは大好きなんですけど、その続きがあるって知ったら我慢できない感じでしたw どうにか読めないものかとずっと探してたものです。『天使たち~』の改定版は「娘。小説への招待」ぐらいしか自分も知らないですね。保管庫は違いますし、途中までですしね。個人的には保存してありますけどもw
2007/10/20(土) 20:00:11 | URL | x1bgusra #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。