勝手に娘。小説を楽しもう!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイプ
2007年12月07日 (金) | 編集 |
普段覗いている娘。さん系のサイトが、思いがけず娘。小説に触れていたりすると嬉しくなりませんか? ウザッたい問いかけから更新スタートですが、その驚きがとても好きです。娘。さんヲタでも小説はないって思っている方は多いでしょうし、むしろそれが主流なんでしょうけど、それだけに砂漠で人に出会ったような感覚に襲われます。こういう経験したことのない比喩ってどうなんでしょうね。文章が脇道に逸れまくり。

つまり、こういうことです。前にmu_tyoさんがこのブログの記事を紹介されていて、それがお腹が痛くなるくらい面白かったのでずっと覗いていたんですけど、まさか娘。小説に興味のある(もしくはあった)方だったとは。

ちなみにその笑った記事とは、元バレーボール選手の大林さんの斬新な画面構成でした。身長差がありすぎると同じ画面上に映すのが困難なんでしょうね。熊井ちゃんとかもそのうちあんなことをされたらと思うと気の毒になりながら表情筋が弛緩しますw サンダルを脱がされたとか、台から降ろされたとか、そういうレベルじゃなかったので。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。