勝手に娘。小説を楽しもう!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少しずつの力
2008年03月15日 (土) | 編集 |
大バカ者の忘れ物

長くて嫌われるかもしれませんが、物語を作ろうとしてくれているだけでちょっとホッとします。別にこれは、アンリアルであってくれってこととは違うんですけども。そんな感じなので、それだけで個人的には好感というか、評価が高かったですw 残念なのは、最後が駆け足に感じること。様々な制約があったことはわかります。文字数だとか時間だとか。それでもせっかくここまで伏線らしきものをあたためていたんだから、それが胸に迫るように砥いでみせてくれるとよかったんですけど。でも、それを差し引いても今回の作品の中で好きなほうでした。すぐ思い出せましたしw


みかん

なんか文章が合わなくて困りました。短文の連続なのにテンポが心地悪く感じて。キュートにみかんが大好きな娘がいることは、残念ながら「情報として」知ってました。そして、鈴木愛理さんがお金持ちであることは、それよりももうちょっと実感のようなものを伴って自分の中にありました。その二つを安易にくっつけただけなのかなあ。それとも他に裏の意味があるのかもしれませんね。何回も書きましたが、自分が知ることができていないだけで。でももしもそうでないなら、今回、こういう作品が多かった気がするのも事実です。複数投稿がたしか、ありだったんですよね? その弊害だったりするのかなあ。作者さんをちゃんと確認していないので見当ハズレな意見の可能性もありますが、複数投稿をするのが好きな人は、複数投稿して、複数が面白くあるようにすべきだと思います。濃度を薄めて数を増やしたのなら、複数投稿はなしにしようよって意見がでるのも当然なので。


箱かづき娘。

これ、すごい面白かったです。圧倒的だと思いました。「今回は第九期メンバーということでキリのいい数値ですから」とか、細かいところまで面白い。個人的には最後まで正体をバラさないでいてくれたほうが好みだったかなあとも思いましたが、経過をここまで圧倒的にみせてくれたら、そんなこともうどうでもいいよって話ですw 最後、保田さんの書いた嘘話で着地しそうで、それがすごく残念だなとか考えながら読んでいたので、それをスカしてくれたのは本当に嬉しかったです。この作者さん、読者の心理がどういうふうに動いてるか熟知してるな、と。今回の中で一番好きでした。それも結構ダントツな感じで。読ませていただいてありがとうございました。


河童の恋

わけわからないけど面白かったですw 何、このカオス。時々純文学を思わせるような圧迫された心理描写みたいなものが混ざるんですけど、この作品のいいところは、それ一辺倒でないところですね。ちゃんと強弱があるというか。だから読んでいて楽しいですし、主張部分も重く胸に引っかかる。これ、確認したらやっぱりカラスの女房さんだったんですけど、こういうやり方をするときのkらにょうさん作品がとても好きですね。飼育では(確認して、やっぱり、と思ったように)独特ですし。『雨ふらし』とか絶対優勝すると思ったなあ。面白かったです。



……以上です。ようやく全部終わりましたね。一日おきの更新でお送りしましたが、明日も更新あるかもです。ってもう感想書き終えたからこんな告知いらないですねw ということで、



308 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/02/12(火) 23:40:38.46 0
>>304
企画なんか喜んでんのもう一部の奴だけじゃん
義理で感想書くのも大変だってあひゃ美が嘆いてるよ


309 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/02/12(火) 23:41:27.36 0
>>308
嘆く前に最後まで感想書け馬鹿って伝えといて


312 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/02/12(火) 23:42:21.77 0
>>309
お前の小説がどうにもなんねーから止まってんだよカスって嘆いてるよ


316 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/02/12(火) 23:43:28.16 0
>>312
最後のほうだから途中は書けるだろ屑って言っておいて



無事伝わりましたw 狼の娘。小説スレ、全て見れてるとは限らないのですが、今回は無事に。嘆いてないですけどもw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。