勝手に娘。小説を楽しもう!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

得意と苦手
2008年04月29日 (火) | 編集 |
企画が始まってますね。やっぱり今回読みやすくて楽ですw それで、感想書こうかどうか迷ったんですけど、好きだったもの、もしくは書きやすいと感じたものだけやっていこうと。それだと感想が途中で止まっちゃったとき、言い訳しやすいですし。それにしてもss企画を彷彿とさせるいいペースですね。みんな、ある程度長く書かなきゃいけないことに疲れてるのかも、なんて思いました。


初恋のメシア

いいですね、この大袈裟感といい、耽美的感といいw やっぱり予告だけとなると大風呂敷を広げてくれないと見ごたえがないのかもしれません。ほかの作品がセリフだけだったり、どんな状況なのかを削りすぎて伝わってこなくなっちゃってると感じる中で、これは必要最低限の情報が盛り込まれていたような気がします。なんというか、ここまでの作品、映画の予告のナレーションを文字にした感じの話が多いんですけど、それってたぶん映像と音があるからああいう形をとれるんじゃないかなと思ったりしました。だけど、この予告で残念なのは、最後まで見せちゃってることです。個人的な好みとしては、今回の企画、そこはボヤかしてなんぼなんじゃないかと。


僕の小春日和

ポエムチックで、やっぱり映画の予告編みたいなんですけど、意外と好きw どこらへんかなあ……。ある程度流れや背景が想像しやすいようになってるからでしょうか。一瞬、「名字をもじって読んでいた」の意味がわからなかったですけど、「読んでいた」が「呼んでいた」で、「みっつぃー」のことですね、たぶん。終わり方も邦画の予告編みたいで、結末を直接ではなく(まあ、それに近いですけどw)暗示してくれてる感じなのも好み。でも、こういうふうに牧歌的なイメージならそのままでいてくれればよく思えて、途中の手紙のやりとりがちょっと邪魔に感じました。最後まで読むと。


今日はここまで。ちなみに10番まで読みました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。