勝手に娘。小説を楽しもう!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝手に外野で
2007年10月04日 (木) | 編集 |
homareさんに薦めがてら駄作屋さんの『歌ロボット』と『傘』を再読したんですけど、やっぱりすごい。ある時期、もういいだろと思うくらい何度も読んだんですけど、時間が空くとまたきますねw 駄作屋さんの短編だとこれに『焼き茄子』を加えた三つが順位がつけられないくらい好きです。次点で『サイレン』と『パルコの英雄』かなあ。この二つもかなり、それはもう読んだときの興奮が忘れられないくらいドキドキしたんですけども。本当、読み返すと満足しちゃって、未読の作品読めませんもん。ええ、これだけ好きなのにまだもったいなくて読んでないのあります。ちなみに、これは言ったことがないですし、そんなのいらないのは承知ですけど、『アリゲータの恋と愛』はあんまり好きじゃなかったりします。評判がいいので比較的言いやすいですw 盲目的に好き好き言ってるわけじゃないつもりだよというエクスキューズでした。

さて、前に書いた感想でもコピペしようかなと思いましたが、同じことをやってもしょうがないですね。せっかくhomareさんが感想を書いてくださったことですし、それについて自分はどう考えたかなあというのをグダグダ言います。作者さん本人でもないのに感想の感想とかw ああ、でもそうそう。『走れ矢口』のやつを読んで、みんなhomareさんみたいに感想の感想書いてくれればいいのになって思いましたね。すごく興味深かったです。話が逸れました。ちなみに今回、『』についてです。homareさんの感想はこちら

自分が一番意外で驚いたのは、タイトルでもある「傘」についての考察でした。これ、全然引っかからなかったんですよね。どうしてかなと思ったら、たぶん自分はhomareさんほど論理的思考をしてないせいですね。こういう状況下(白い傘の目撃)に陥ったとき、自分の場合、まず最悪な想像をすると思います。そう、ちょうど物語で松浦さんがしたように。「他にも可能性があるじゃん」とは考えるかもしれませんが、それは本音ではなくて、逃げ道的に思うことかもしれないなあと感じました。だから、松浦さんが最悪の想像のほうへ発想が一気に行き、のちの質問で狭めて確定していく思考の流れは非常に自然に思えたんですよね。他に可能性があろうと、何かを恐れてるときってそこから考えを切り離せないものなんじゃないかなと感じたのですが、そこはもう、論理的思考をする人は違うのかなあと驚きました。

そして、松浦さんと後藤さんの場面。後藤さんは松浦さんが勝手に持ち出したってことを知らないわけですし、だとしたら藤本さんも承知のうえでのことだと考えてショックを受けたのだと思いました。なんなら自分の本気の感情は、二人のあいだで笑い話になっていたのではないか、くらいまで考えて。そこで松浦さんとしては怒らせたかったんだけど、後藤さんは悲しんだと読んだのでした。


だけど、本当に面白いですね。同じものを読んでも感じることって本当に違くって。実はブログをもったとき、こういうことやりたかったんですw ちょっと夢が叶った気分でした。
コメント
この記事へのコメント
論理的思考というか、私は本格推理小説が好きなので
この種の考え方がしみついてしまっているのかもしれません。
まあでも傘を見たときの松浦さんの反応の方は、
改めて考えてみるとそんなに不自然じゃないかもしれません。

でも後藤さんの反応はやっぱりちょっとオーバーだなと思います。
もうちょっと松浦さんに何か思わせぶりなことを話させればなあと思いました。
まあ、作者さんはそれを無粋なものと判断したんでしょうね。
言わなくても伝わる美しさとか醜さを描きたかったのかもしれません。
2007/10/04(木) 23:20:24 | URL | homare #JalddpaA[ 編集]
「パルコの英雄」って「歌ロボット」と同じ人が書いたんですか?
ちょっとびっくりしましたが、でもなんとなくわかるかも。
アイデアの生かし方とかプロットの組み立て方とか上手いですよね

でも前半部分は随分変な文章書くなあとか思ってしまいました。
あれは語り手の吉澤さんのキャラの影響だったんですかね。
2007/10/04(木) 23:23:07 | URL | homare #JalddpaA[ 編集]
なんて言うか、誉さんが
娘。小説界では常識になってる事で驚くたび
お前は慣れちゃってダメだな派の私には
新鮮に映るですよ(^_^;)
2007/10/04(木) 23:34:35 | URL | SN #QV9/i4Sk[ 編集]
挨拶が遅れてしまって申し訳ありません。
移転お疲れ様です!以前のブログを一度発見した後に
見失って落ち込んでいたんですけど、リンクフリーにして下さったお陰でまた発見できて嬉しいです。
でも以前のブログに書かれていた記事はもう読めないんでしょうか…(´・ω・`)
2007/10/05(金) 12:06:51 | URL | キリ #-[ 編集]
私の「傘」に対する感想のことなんですが、
一部抜けていたので同じスレで補足しておきました。
わかりにくい文章を書いてごめんなさいです。

それとSNさんが書いたことは私自身も結構思いました。
自分でもちょっと驚きすぎだろ、と。
飼育の人に「誉って天然な人だな」と思われていたらどうしよう?
とか勝手に心配したりしています。
2007/10/05(金) 21:17:48 | URL | homare #JalddpaA[ 編集]
『パルコの英雄』を薦めたときは、あえて作者名を書きませんでしたw でも誰だかわからないで読むのが本当ですよね。特に企画作品はみんな、そうやって読むんですし。娘。小説界の常識なんて勝手についてくるものですし、知らないあいだは知らないほうが魅力的ですよ! だからみんなhomareさんに読ませたがるんだと思います。SNさんと同じく、自分にも新鮮に映りますw 逆に狩狩とか行ったら、完全に自分がそうなりそうです。

>キリさん
ここでははじめましてですよね? コメントありがとうございます。いつも楽しく読ませていただいてます。以前の記事だったら、どういう内容のものを読みたいか言ってくれればコピペします! なのでなんかあったら気軽に声をかけてくださいね。すごく言うのが遅れましたが、勝手にリンクしてごめんなさい。これからもとてもとても楽しみにしています。
2007/10/06(土) 10:21:40 | URL | x1bgusra #tHX44QXM[ 編集]
作者名は書いてくれない方がありがたいです。
でも感想書いたあとで教えてくれると嬉しいです。

誰が書いたかとかを意識せずにきちんと読むべきなんでしょうが、
人間ですんでどうしても意識してしまします。
できればそういうことを意識せずに純粋に作品を楽しみたいですよね。
2007/10/06(土) 20:17:24 | URL | homare #JalddpaA[ 編集]
すごくわかります。今度からそうしますね。そういう意味でも企画のルールは好きなんですけど、作者がわかってくると名前を伏せていてもわかったりしてくるんですよね。それが思い切りハズれたりするのですがw でも、心から同意見です。
2007/10/06(土) 23:39:51 | URL | x1bgusra #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。