勝手に娘。小説を楽しもう!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リピート・オン・リピート
2007年10月06日 (土) | 編集 |
デジャヴのような更新を許してください。homareさんに二つの作品を薦めて読んでいただいて、そういえば自分が初めて読んだときこんなこと考えたなあみたいな刺激を受けました。なので、それについて。homareさんの感想はこちら。今回は前回ほど感想の感想という形にはならないと思います。関連は間違いなくありますけども。


ハート・シェイプト・ボックス

これはたぶんJさんの代表作と言って差し支えないでしょう。だけど、普段のJさん作よりも読者に歩み寄ってくれている感じがあります。homareさんが感じたように、当時の読者はみんな、イマジネーションがすごいって絶賛していましたね。本当、圧倒という言葉がよく似合う世界観(誤用)です。それで、最後の蟻が蝶になる箇所の話ですが、これ、自分は蝶を想像してないことに気づきましたw 頭の中の映像としては、女王蟻スタイルというか、蟻にそのまま羽根が生えたようなフォルムになってますね。当時限定でなく、今の今まで。簡単にいうと蜂が一番近いかなあ。あんなに派手な色や羽音はちょっと違いますけど、形としては。homareさんがここに言及しているのを見て、ちょっと驚きました。他の読んだ人の中ではちゃんと蝶になってるのかなあ。知りたいです。


パルコの英雄

駄作屋さん作品なら企画に出されても確実に当てる自信があるんですけど、これを読んだとき、ちょっとフラついたのを思い出しました。2レス目で「間違いない!」と確定したのですが、その後藤本さんが出てくるあたりまで「あれ、もしかしたら違うかも」とわからなくなっていました。駄作屋さんの香りはするんだけど、やっぱりどこか、いつもと文章が違っているというか。「こんなマヌケなセリフを力いっぱい叫ぶ日が来るとは昔は思わざりけり」はともかく、「以後、くるぶし事件として、仲間うちでは末永く語り継がれたとかいうことじゃ」とか、小説内でこんな遊び方をする駄作屋さんを初めて見ましたしね。だけど結局、間違いないって印象で終わったんだから、どこかに駄作屋さんの駄作屋さんたる所以があるんでしょうね。あと出しジャンケンでいいなら。

人をけなした直後に頼みごとをして悪びれないのが後藤真希という人である。
ちなみにあたしのあだ名を「よしこ」にしたのも彼女だ。「吉澤ひとみ」が「よしこ」になる、このセンス。そんなところも魅力的かなと思って高校1年生から始めた友情は現在、5年物へと熟成が進みつつある。


こんな魅力的な文章を書けるのはあの人しかいないと思います。
コメント
この記事へのコメント
非常に興味深い感想でした。
私の感想なんですが、長文になりそうなのでこっちに書きました。
http://ikam015.s22.xrea.com/test/read.cgi/dokoka/1148721120/625-634
2007/10/06(土) 21:22:48 | URL | homare #JalddpaA[ 編集]
好きな作品が褒められてるとほんと自分のことのように嬉しいですね。横槍ですが、再読して思ったことをだらだら書きます。

世界で一番醜いものを中へ閉じ込めるとひとつだけ願いが叶うという二つの小箱ハートシェイプトボックス。アリの悪夢にとらわれている高橋の死にたいという願い。そんな彼女の目を覚まさせたい(=アリから解放したい)という松浦の願い。加えて冒頭に出てきた赤い夕日を見たいという願い。作品に出てくる願いは全部で3つ。でも叶う願いはひとつだけ。ところがラストのシーンを読んでふと気づきます。あれ、読み方によっては、願いいっぱい叶ってない?

【結論】ハートシェイプトボックスは意外と気が利く人。


冗談はさておき、上記の「願い」に注目した蟻から蝶への変態シーンについて。
ちょっと乱暴ですが「赤い夕日が見たい」っていう願いは高橋、松浦、どちらの願いを叶えたとしても血あるいは蝶として見られるものでしょうから、高橋の願いvs松浦の願いがメインです。

で、私がたどり着いた解釈です。松浦の願いが叶った、とします。この場合、高橋をアリから解放してやらなければなりません。ここで蟻から蝶への変態が必要だったんじゃないかと思います。高橋に「ああ、私の中にいたのは醜いアリじゃなかったんだ」と思わせるために。そして高橋は目を覚まし、で、怖い夢はもうおしまい、という。
高橋の願いが叶ったのかどうかは、はっきり描写はされていません。むしろどっちともとれるような描写がごろごろしていますので、読者は結末を選ばなければいけません。松浦が高橋をリアルに刺した(=高橋の願いが叶った)という読み方もあるでしょうし、解放=死と考えれば3つの願いがひとつにまとまって(『ハートシェイプトボックスは意外と気が利く人』設定を活かしてもいいですけど)全部が叶っちゃったという読み方もできるでしょう。
あと、これを書きながら思いついたんですが、赤い夕日が見たいという願いはもともと高橋の願いだったので、実は高橋は死ではなくそちらを願っていたのかもしれません。で、2人の願いが結果的にイコールになって赤い蝶が飛んだ、と。まあ、とかなんとかいいながら私も最初読んだときは、頭の中では羽蟻が飛んでましたけどね。

homareさんの最近の怒涛の感想ラッシュ、こっそり見させてもらってますが、なんかもう慣れちゃってダメな私にはいい刺激になります。
それとブグスラさん、長文失礼しました。
2007/10/06(土) 22:36:17 | URL | peaudane #JalddpaA[ 編集]
これからはブグちゃんって呼ぶことにします
2007/10/06(土) 23:22:56 | URL | SN(羽蟻派) #-[ 編集]
>homareさん
すごい興味深かったです。とくに駄作屋さんの文章についての話。好きな箇所で重なっているところもありましたが、こんなにも感じ方が違うところもあるんですね。「そんなところ~」は、中でも好きだったりw 面白い!

>peaudaneさん
長文は嬉しいことですよ! でもちょっと待ってくださいね。たぶんそのうち更新で返答することになると思いますw もう一回じっくり読んで考えを整理しなきゃなので。というか最近、過去に感想書いたことのあるやつの感想書きまくりですね。これたぶん、三回くらい書きましたよw

>SN(アンチ蝶)さん
やっぱり映像としてはみんな、赤い羽蟻を思い浮かべてそうですねw 呼び名、可愛くないですけど大歓迎です。それにしてもブグスラって、ドラクエでなんかの名前を決めるときに出てくる選択肢にありそうですよねw キラーパンサーとか。
2007/10/06(土) 23:54:31 | URL | x1bgusra(バツイチ・ブグスラ) #tHX44QXM[ 編集]
色々と思うところがあったので、もう一回書いてみました。
http://ikam015.s22.xrea.com/test/read.cgi/dokoka/1148721120/638-644
2007/10/08(月) 21:17:27 | URL | homare #JalddpaA[ 編集]
>homareさん
感想の感想の(ry拝見しました。引っ張って申し訳ないですが感想の感想の(ry書きます。

>ハート型の小箱には何が入っているのか?
私はハートシェイプトボックスが実際に「願いを叶えてくれる不思議なアイテム」だとは思っていません。「願いが叶う」というのはあくまで高橋と松浦の間だけに存在する決まりごと、あるいは松浦ひとりの思い込みや強迫観念のようなものであって、第三者の手に渡ったところでそれは単なるかわいらしい雑貨に過ぎないものだと思っています。このことから高橋の心臓そのものがハートシェイプトボックスの代替となった、とは考えられないでしょうか。高橋自身、その中に世界で一番醜いものが詰まっていると思っていますし、松浦も高橋がそう思っていることを承知しているわけですから願いを叶える条件には問題ありません。また、18レス目『鋭い刃先は繊維を切り裂き、皮膚を切り開いた。胸の奥に赤く光っているハート型の小箱へ指を伸ばして、ゆっくりと開いた。』のあたりは高橋の心臓=ハート型の小箱を示唆しているように思えます。

>高橋は死を望んでいない
なるほど。私はこの感想を書くにあたって、高橋の願いと松浦の願いのベクトルは正反対、というのがまず頭にあったので、ラストの解釈のパターンも死か生かの両極端に捉えていました。確かに高橋にとっては自身の内部のアリの解放が何より最優先で、死はその結果生じる仕方のないこと、つまり直接死を望んでいるわけではないという見方は正しいように思います。これを考慮すると、松浦の願い=高橋の願いという解釈もできますね。ただこう解釈してしまうと、赤い夕日を見たいという願いがどうも話の中で宙ぶらりんになってしまってもったいないような気も。で、結局は

>高橋の願いは赤い夕日
私もこの解釈が今のところいちばんしっくり来る気がします。前回の文章を改めて見ると、思いっきり後付けみたいで恥ずかしいですけど。
2007/10/09(火) 09:01:20 | URL | peaudane #-[ 編集]
私も小箱はただの雑貨だという風に読んでいました。
この小説のメインは小箱とか願いとかじゃなくて蟻と夕陽だと思ってました。
でもやっぱりこの小説のメインは「願い」なんでしょうね。

「蟻から開放されたい」&「赤い夕陽が見たい」という願いが
蟻が赤い蝶になって飛んでいったことで二つ同時に叶ったと。
そういう解釈が一番美しいのかもしれませんね。
2007/10/09(火) 21:09:13 | URL | homare #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。