勝手に娘。小説を楽しもう!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連付け
2009年03月22日 (日) | 編集 |
予告した通り感想を。どこでイラストが出てくるかわくっとしますね。最初からどのイラストを使ったのか調べず、その箇所にきて初めて開くことにします。まあ、自分の読み方のルールなんて聞いても仕方ないですけどもw 個人的な確認作業でした。

清水クン、Day by Day.

正直に書きます。最初はちょっとナメかけていました。文章のスタイルがくだけているにも関わらず、どこか理屈っぽさもあって。それが少しチグハグな感じがしたんです。冒頭で状況を一気に説明されるのもその印象に一役買っていたかもしれません。ですけど。でも、読み進めているうちにこれはもしかしたら面白いかもしれないと感じるようになりました。なんというか、初期の娘。小説の雰囲気があるんです。設定のリアリティより、書きたいもの、見たい光景を描く。ちょっと感想が抽象的でわかりにくくなってきましたねw 飯田さんが美術教師というところに往年の娘。小説を見た気がして、安倍さんとひとつ屋根の下に暮らす経緯に、リアリティよりも強い願望を感じたのでした。それに、そのあとにも次々と繰り出されるラブコメのような設定と考え方。娘。小説の一番勢いがあるときってたぶん、こんなふうでしたよね。

……今更ですけど、感想長くなりますw 実はちょっと興奮してますw 読み始めは正直、ところどころ拙い表現もあり、すごく若い人が勢いで書いたのかもしれないという印象でもありましたが、これきっと違います。たぶん書き慣れてないんだと思います。違ってたらごめんなさいw 気づき始めたきっかけは、校長先生のお話でした。妙に含蓄があるんですよね。これがたまたまかと思えば、そうじゃないんです。大事な場面ではハッとするような表現があるんです。それに、出てくるキャラクターがみんな、一筋縄でいかないところなんかも見事ですね。それだけでなく、プロットもしっかりしてる。中盤まできたあたりで、「ちょっと面白いかも」から「これ完全にすごい」に変わってました。手を神様に返しに行く、とか伊坂幸太郎チックですね。ワクッとしました。その具体的内容ははしょられた感ありありでしたが、これは長さの問題でしかたないですね。好きな作品には採点が甘くなりますw 内容の濃さからちゃんと終わるのかなと不安でしたが、ラストも素敵でした。この作者さんの作品をもっと読みたいです。ちょっとファンになりました。他の作品もこんなに面白いなら、完全にそうなりそうな気がします。本当に書き慣れてないなら、これからどんどんすごくなっていくでしょうし。勝手に原石を見つけたような気分w あー、どうなんだろう。有名な人なのかなあ。

イラスト、こんなふうに複数使用してもいいんですね。これ、SNさんも好きになりそうな予感。もしかしたらSNさん本人作という可能性もありますけどもw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。