勝手に娘。小説を楽しもう!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごった煮
2009年04月06日 (月) | 編集 |
夕日とクラリネット

アイデアはとてもおもしろいと感じました。好きな人と同じことをしてみたくなる。舞美さんの謎の行動がそれだったという回答を見せ、最後に愛理さんもつぶやく。この構図は大変好みなのですが、もうちょっとだけひねってくれたらもっと好きなのに、とも思いました。舞美さんの謎だけでは読み終えたあとのスッキリ感がちょっと薄いんですよね。せっかく最後に愛理さんがつぶやくという光景が浮かんだんだから、その言葉を愛理さん側の回答にしてもおもしろかったかもしれません。この感想、書きながらも余計なお世話だなあと痛感してますw あくまで好みとしては、愛理さんがコルネットを始めた理由が舞美さんにあることにしたほうが、この設定では映えるような気がしたのです。だけど、舞美さんは持ち前の性格でそんなことすっかり忘れているというか、気がついていない、といったような。大きな嗜好自体は合っているんだけど、作者さんがほんの少し自分よりストレート好みだったというのが結論でしょうね。


シンパシー

乙一さんの『SEVEN ROOMS』を思わせる構図で、テーマとなっているイラストがまさにそんな感じで、ちょっと笑いました。こういう、どういう状況下にいるのかわからなくて、どこへ行ってしまうのか想像もつかない話好きです。難しい気はするんですけどね。わけわからない状況って、描写をきちんとしてくれないと本当にわけがわからなくなって、読むのが苦痛になったりするのでw たぶんそういうときにまわりくどい表現や描写をしちゃいけないんだろうなってことなんだと思うのですが、この作者さんはそういう点で上手です。安定感があります。それで、最後のオチなのですが、個人的には好きです。やっぱりちゃんと着地点があると読んでよかったという気持ちになりますし、正直な話、考えなくてよくてラクですよねw ただ、ドアが開いてるとかベタで、なのにありえないことはしないほうがよかった気がしますw なんだろう、これ。普通に会話は別の場所でしてればよかったのに。サービス精神というか、お約束をしっかり踏みしめたかったんでしょうかね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。