勝手に娘。小説を楽しもう!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不幸のないように
2007年10月11日 (木) | 編集 |
企画、どっちが来てもオッケーですみたいな感じでどっしり構えてたら、まさかの相殺。恐るべしw これも企画ちねちね党の謀略なんでしょうか。自分も党員でありながら何をやるのかわかってないのですが、自らの手を汚さずに企画を潰したふりが楽しいので、たぶんちねちね党の手によるものですね。ちねちねー。

……という話の流れとは繋がらないのですが、個人的には最下位再生企画が読みたかったです。作者さんたちの中には二回リテイク系が続くのがつらいという意見がありましたが、それはなんだかごめんなさいw 読む分には続いたって苦痛じゃないんです。いつも企画が決まるまでの話し合いには参加しないんですけど、今回は一票入れとけばよかったですね。でも、協議の段階でこんなに人が集まったのは久しぶりな気がするので、そういう意味ではよかったです。

そうそう、9月のトピック発布。『When Love hurts』は前に一度話題にしましたね。この人、何人なんだろうと興味津々だったのですが、ブログに日参させていただいてる経験から察するに、どうやらブラジルの方ですねえ。下世話ですけど、ワクッとしましたw なんとなくアジアの人は想像つくんです。もしかしたら日本の芸能界に興味あったりとかして、アンダーグラウンドにも興味もったりする光景が。だけど、スペイン人が英語で書いた娘。小説をブラジル人が和訳ってw ワールドワイドですし、本当なの!? って感動を伴って思います。日本語って聴き取りは楽だけど書くのが難しいって聞くのに、漢字まで使いこなしてます。日記違和感ないです。これって相当すごいんじゃないでしょうか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。