勝手に娘。小説を楽しもう!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑いと拍手の関係
2010年04月18日 (日) | 編集 |
ちょっと間が空きましたが、更新です。今回はすごいです。自分の考えとか一切なしに、人の意見を発表するだけという。相変わらずの寄生虫ブログですが、こんな感じでこれからもやっていくことになると思います。

というわけで、まずはトマキさんのブログのこの記事です。こういうふうにかつてを知る人が、その当時を語ってくれているのを見るのが大好きです。と、ここまで書いて連想的に思い出しましたが、飼育が十周年を迎えたそうです。自分が飼育にたどり着いたのが2003年のことなので、自分が来てからのほうが長いんですね。そのことは驚きです。自分は完全に小説から入った娘。さんヲタなので、飼育がなかったら今頃、娘。さんにはなんの興味もなくなっていたことと思います。間違いなく自分と娘。さんとを結びつけてくれたサイトです。それをまとめたキャラクター小説の世界さんが大きく離れて二位って感じでしょうかw さらにそこから大きな隔たりがあって狼でしょうね。そんなちょっとイレギュラーなヲタなので、人一倍飼育には感謝の気持ちが強いです。自分が将来もAKBに流れることがないだろうなって確信をもって言えるのは、もしかしたら飼育というサイトの存在があるからかもしれません。ネット小説っていうものがあんまり好きじゃなくて、アイドルっていうものがあんまり好きじゃありませんでした。それらが結びついた娘。小説にはまるなんて、個人的なごく小さな範囲でのことですが、奇跡でした。こういう思い入れの強い人間が何人もいるから、顎さんがやめたくてもやめられないような状況に追い込まれているんでしょうがw ですけど、そのことに心からの感謝を。

止まらなくなっちゃいましたねw トマキさんのブログの内容の話です。

紫板で覚えてるのは「キャスト」です
最後の作者のつぶやきが忘れられません
今読んでも考えさせられます

ここ、気になりますよね。なので、探しました。どうやら作者さんのつぶやきとはこの部分のようですね。全文引用すると長くなっちゃうかなあ。ちょこっとずつにしていきますね。「ここに来はじめたころってさ、まだ板もひとつしかなくて、スレがひとつ増えるとひとつdat(?)に逝く、って状況だった」とあります。それだけに、ひとつの作品を倉庫に落として書くくらいなんだから、ちゃんとおもしろい小説なんだろうな、という雰囲気があったと。これは初耳でした。もしくはどこかで聞いたことあったのかもしれませんが、自分にそなわっている恐るべき忘却能力によって、無へと変換されていました。かっこつけようと努力だけはしました。ともかく、ひとつスレを立てるとひとつスレが倉庫へ押し出される、なんて時代があったんですね。それは期待値が上がりますね。自分が飼育に来た頃は、オムニバス短編集に、勝手にそれに近いものを感じていたりしたものです。まあ、そのときすでに今はもうオムニバスに優勝しても価値がないって言われてたんですけどねw でもなんというか、緊張感をもっていて、自分なんかが企画に投稿してもいいのかとハラハラドキドキでしたw 

そして、この方がおっしゃっている案内板とはどのへんかも調べてみました。おそらくですが、ここからではないかと。日付から判断しましたが、内容もスレ乱立からパクリ問題へと流れているので、おそらく間違いないかと。こういう問題って、ずっとぐるぐるまわってるもんなんですねw 今も案内板に「放置するつもりでスレを立ててる俺を見習え」みたいなレスがありますが、さすがにそれってどうなのって感じますしね。パクリについてもまえに……って、過去のことを話し出すと止まらなくなるもんですねw 気持ちではまだ新参ですが、それでも振り返ってみると色々あるもんですね。これからもそうであることを祈ってます。というわけで、このブログも変わることなく興味のある事柄に寄生していくことと思われますw 次寄生されるのは、あなたかもしれない。へんなひきw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。