勝手に娘。小説を楽しもう!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連日連夜
2010年05月31日 (月) | 編集 |
今日気づいたことがあります。実はナナチャでの上海さんの発言、「えええー、どういうこと!?」って思ってました。これだけ言われてもなんのことかまったくわからないですねw 前置きは短いほうがいいでしょうし、具体的な発言をコピペします。

☆ > ちらしずしがtmkだったなんて――意外性がないにもほどがあるだろー>< [10/5/11(Tue) 00:20:08]

これがどうして上海さんかわかったかというと、えーと、ええと、勘です。でも自分には上海さんレーダーがついてるので、おそらくは間違っていないものと思います。まあ、問題はこれが上海さんかどうかってこととはあまり関係がありません。じゃあ人のHN出すなって話ですが。それはともかくとして、この発言を目にして、自分が上記のものに続いて思ったことは「やっぱりそうだったのかあ!」でしたw 結末がわかってる人にとってはバカな話ですけども。なんと、この件について自分がそういうリアクションをとったのは二度目だったりします。一度目ははと宗さんのチャットでの出来事。長年の謎が解けたような気がした15の夜。トマキさんに「冗談です」とはっきり言われたにも関わらず、今回また同じリアクションをとりました。上海さんの発言は、トマキさんがどこかで明かしたものを受けて、だと考えたのです。もしもそれが自分の勘違いで、今日気がついた真相が正しいとすれば、上海さんは今でもちらしずしさん=トマキさんと考えてる気がします。一人さよならを告げた、あの日の自分のように。ここでナナチャのログを遡ってみましょう。

. > ちらしがtmkさん作って言った時あひゃ美さんが大興奮してましたね [10/3/18(Thu) 01:29:24]

一見、片想いしてるトマキさん手作りのちらしずしをごちそうになったかのような文章ですが、きっと上海さん(仮定)の発言はこれを見てのものだったのですね。二か月ほどあいだが空いているので気がつきませんでした。会話の流れというのは不思議なもので、チャットだけ見ると、これ(ちらしずしがトマキさん作)が実際のことのように見えるのです。巧まざるトリックというやつですね。それに驚いた上海さんの言葉に、自分がさらに驚くという永久機関。別人だという真相を教えてもらったはずなのに、自分はいつになれば這いあがれるんでしょうか。何処に行けばたどり着けるんでしょうか。愛すべきものすべてに。

ちなみに、自分が大興奮した、というのが一度目のリアクションのことです。
コメント
この記事へのコメント
ご推察の通りです! なにそのレーダー怖い。

なんだー違うのかー違うのかー違うんだー残念…
2010/06/01(火) 22:07:25 | URL | しゃんはい #-[ 編集]
ちらしずし違うらしいです。
でも、「そうなんだ!」ってなったとき、不思議なほど幸福な気持ちになりますよねw
2010/06/03(木) 21:59:46 | URL | x1bgusra #tHX44QXM[ 編集]
むしろがっかりしませんでした?
二人だと思っていた人が一人だったときは結構ショックですよ。申魔法楽団とか…
2010/06/04(金) 02:14:30 | URL | しゃんはい #-[ 編集]
上で「残念」と書かれていたので、
もしかしたら上海さんも喜んだのかと思ったら、違うんですねw

自分の場合、あんまりこういう場面に遭遇してないせいか、
すごくわくわくするんですよね。
痛い感情かもしれませんが、「あの作品もこの人が書いてたのか!」と、
その作者さんに対して尊敬度が増すというかw

ただ、そういう感動にも似た驚きに本当出会ってなくて、
大きなものだとななしーずさんくらいなんです。実は。
申魔法楽団さんについては、まったく知らなかったのでググりましたw
全然自分の知らない時代のことだったので興味あります。
もし気が向いたときに蚕蚤で触れてくださったりしたら、
日本の片隅で少なくとも一人が喜びますw

P.S. 長くなって申し訳ありませんが、もう蚕蚤の投票は受けつけてないんでしょうか。
もしかすると自分が一度投票したから進めないだけかもしれないのですが。
2010/06/04(金) 23:04:31 | URL | x1bgusra #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。