勝手に娘。小説を楽しもう!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱量充足
2010年06月10日 (木) | 編集 |
このあいだの更新にあった、もともと黄色い狛犬さんが作家志望のかただ、という内容のスレを発見しました。ちょっと見なおしてみるのドキドキでした。というのは、自分はリアルタイムでこの時期に娘。小説周辺にいたわけではないので、最初に目にしたときも完全なるまた聞きだったわけです。黄色い狛犬さんと言い争ってるのが上海さんだよ、とどなたかからうかがった気はするのですが、それが事実じゃなかったらどうしよう……と一個まえの記事更新してからハラハラでした。そして、それは杞憂でした。上海さんレーダーに死角はありません。ただ、記憶していたことと違った個所もありました。実は、もっと罵詈雑言だったイメージがあったのです。それがスレを最後まで読んでみると、むしろあたたかい気持ちになるような展開に。やっぱりこの時期の娘。小説のエネルギーってとんでもなかったんだなと再認識させられます。


205 名前: 黄色い狛犬 投稿日: 2000/07/21(金) 10:35


別のスレッドにちょろっと書いたのですが、私は、作家栗本薫先生に、小説のイロハ
について、ご指導頂いておりました。
当時は、言葉をしゃべるよりも多く、文章を書いていました。
その縁で、「よしなやすか」というペンネームで、雑誌JUNE(……ってのはトラ
ウマなんですが(笑))に何回か作品を発表させて頂きました。

自画自賛かも知れませんが、お金を頂いて、小説を書いていたので、現役ではない
にしろ、元プロだ、と云ってしまっても良いのではないか、と思っています。

そんなことが頭の中にあったにも関わらず、匿名で「もの書き屋」さんのご不興を
買われた、例の書き込みをしてしまったのは、私の落ち度です。


このスレを読んで思ったのは、狛犬さんは娘。小説をプロの目線から見てたのだろうなということです。自分だけレベルが違うということに自覚的で、「そんなことないよ」と取り繕わないところは、なんだか、ものすごく好感でした。だって、本当にレベルが違うんでしょうしね。だからこそ、といってはなんですが、そんな狛犬さんが好んでいる娘。小説はどれなのかお訊きしたかったですねw もう上のスレから10年の歳月が流れており、娘。小説周辺に狛犬さんがいらっしゃらないのが残念です。あ、でも、そういえば。『God bless』の作者さんとして、『天使たちが荒野を往く』に言及されていたのは、なんとなく記憶にあります。「書き慣れてる人だと思った」みたいな内容で。こうして考えてみると、やっぱりプロ目線からの言葉なのかもしれませんね。
コメント
この記事へのコメント
ウワァァァ。自分の言葉遣いが気持ち悪くて読めない…!

H21さんて狛犬さんで確定だったんでしょうか。チャットでちょっとだけ話したことがあるけどそういえば印象が似ていたような気がします。物腰柔らかいかんじで。
2010/06/10(木) 23:51:41 | URL | しゃんはい #-[ 編集]
実は、検証したことがありますw >狛犬さん=H21さん
その文章見直したら、自分も自分のテンションが、それはそれはとても気持ち悪かったですw
ちょうどいいお題をいただいたので、次回更新、その内容にさせてもらいますね。
2010/06/11(金) 22:38:20 | URL | x1bgusra #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。