勝手に娘。小説を楽しもう!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うけもち
2010年10月07日 (木) | 編集 |
ここで何回か触れたことがあるかもしれませんが、書かれた全作品を自分が読んでいる作者さんがいます。もしかしたら、唯一かもしれません。そうです。peaudaneさんです。書かれている作品数が少ないというのも重要なポイントですが、それに加えてというか、なによりもいつも心から楽しめる作品を書いてくださるので、不安なく読めるというのが大きいですね。なので、昨日の話につながりますが、この人のwikiの項目、かつて全部自分が書いたものだった時期がありますw というか今現在でも、熊井ちゃんの話と短編の鬼、それにピーチッチ以外のやつはたぶんそうですね。

というわけで、久しぶりに感想書きます。前回の企画に参加されたようなので。

トレス井ちゃん

ページを開いた瞬間、なんともいえないなつかしい気持ちに包まれました。『ちらしずし』。ああ、peaudaneさんもあの作品を読まれていたんだと、身勝手な仲間意識のようなものも、気持ち悪いことにもってしまいましたw いやー、これ、ちゃんとあの雰囲気が出てますよ。それだけではなく、この世界に熊井ちゃんを送り込むというこの作者さんならではのおかしみも提供してくれています。そうなんです。この物語、タイトルにもあるように熊井ちゃんのために用意されてるといっても過言ではないのです。ちらしずしさんの場合、それは熊井ちゃんではありませんでしたが、「ああ、この登場人物らしいな」と思える行動でくすりとさせられたり、ほろりとさせられたりしていました。だけど、それはその人物の特徴そのものというわけではなく、誇張、もしくはふくらませたものです。例を挙げるならば、このお話。こんなことをする人間がいないことは、みんながみんな、百も承知です。だけどなんか、それらしい。そういった文章うんぬんだけでは語れない部分までも、踏襲することに見事成功しているように感じました。熊井ちゃんは人が裂けようとしていたって、自分が気に入った奉行の役をしつづけるのです。頭の中に浮かぶ映像が写実的なものではなく、どこかデフォルメされたものであるところまで、自分の中ではちらしずしさんと重なっていました。まあ、頭の中の映像なんてものは人それぞれなんでしょうけどもw というわけで、なりきり企画はまだ他の作品を読めていないのですが、このくらいなりきってくれていたなら、絶対楽しいと思いました。読めてよかったです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。