勝手に娘。小説を楽しもう!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただよう
2010年10月15日 (金) | 編集 |
昨日のおすすめされた作品の話ですが、もうひとつ思い出しました。これもかろうじて作品名が印象に残ってました。記憶の復元、あとは完全に無理そうですw ところで、どれをすすめられたか思い出そうと作品名を眺めていて、気がついたことがあります。そういえば、今回の企画の優勝作って何番? まったく考えから抜け落ちてましたw まあ、案内板を見ればすぐにわかることなのですが、できるだけ予断なく読むため、放っておくことにします。カムアウトとか誰のなりきりとかも。


どくたぁ はぅす

不思議な心地よさがただよう作品でした。大きな展開がなく、ほんわかしたゆるい雰囲気のなかにいるのは休日の昼ごろやってるアニメのようであり(例:『あたしンち』)、だけど具体的な内容は深夜にやってる不可思議なドラマのようでもあり(なんとなく筧利夫さんと売れないアイドルが出てそう)。このアンバランスなのに成立している世界は、連作でやられたらくせになるかも、と思いました。なると思います。どうして夕方に再び岡井さんが来るってわかったんだろうとか、細かいところで気になるまま終わったところはありました。でも、そこが作者さんのなりきりポイントなのかもしれないですし、自分にはわからない理由があるのかもしれません。とにかく言えるのは、作者さんの力量が発揮されるであろう大きな流れが、とても心地いいものであったということです。それも、アンバランスな世界のなかで。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。