勝手に娘。小説を楽しもう!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Like a Raindrop
2010年10月30日 (土) | 編集 |
ここのところ、ナナチャで嬉しい出来事祭り開催中です。どうやら一連の復活祭は、infoseekが今月末で終わることに起因しているみたいです。むかしからある娘。小説関連のサイト、infoseekが多いんですよね……。それで一気に閉鎖のニュースを見て、そういえば娘。小説界隈はどうなってるんだろうと覗きにきてくれる、というのが流れのよう。さすがナナチャ。こういうときに歴史があり、かつ今でも動いている場所というのは強いですねw まあ、infoseekが終わることに関して、長い目で見れば損失のほうがはるかに大きいでしょうけど、残念ながらそれはどうにかできることではありません。なので素直に短い目でお祭りを喜ぶことにします。この件で嬉しかったのは、このサイトが移転してくださったことです。何気に毎日更新してくださってるんですよね。終わりのない夢、終わりのない情熱。キャラクターさんがお亡くなりになった今、一番止まったら悲しいサイトがここかもしれません。お世話になってます。

感想を書いた作品は、円さんが『歌ロボット』のサイドストーリー企画に出そうと思って書き、間に合わなくてご自分の掲示板に投下されたもののコピペです。大の大人さんが貼りなおしてくれました。久しぶりに読み返したので、今の印象を残しておこうと思います。


君の手にある過去と未来

『歌ロボット』ファン的にいえば、リンゴとか歌とか、原作にあるものの見せかたがキラリと光ってて泣けます。ただそれはおいておくことにして、もっと根幹の、構成がすばらしい。原作で松浦さんは、結局何も知らないままなんですよね。物語のあとはともかくとして、作中では。その構図はここでも変わりません。だからそれだけに、あたたかな視線で大切に想われていて、なんて光景がこれからも続いていくんじゃないかな、という幸福な思いが胸のなかで広がります。博士が藤本さんに託したものを、今はしっかりと松浦さんが手にしています。勝手にいつかを想像すると、いつか、何年も経って、松浦さんがすべてを知る瞬間が訪れたとき。今度は、松浦さんが手渡していくんでしょうね。それが後藤さんなのかご自身の子供なのか、はたまた他の誰なのかはわかりませんが、同じように、何も知らせないままに。

とまあ、どう自分を納得させても悲しいお話だった『歌ロボット』が、それだけじゃなくなった気がします。よって、この話を正史と認定します。いや、なんの権限もないいちファンですけどもw でも、感想を読まれるかぎり駄作屋さんもすごく気に入っていたようですし、自分のなかでは。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。